素人がお絵描きアプリ「アイビスペイント」で絵を描いてみた!

このサイトでは
アフィリエイト広告を表示しております。
ご了承の上、お読みください。 
▶詳しくはこちら

うらにゃん

どうも、うらにゃんです♡

最近絵を描くのに夢中になってて、SNSにも結構投稿しています。きらびやかだったり少女漫画風だったりという画風ではありますが・・・今回は私がアイビスペイントでどのように描いているか紹介したいなと思います!!

※タイトルの通り、「ド素人」が描いています。「上手く描けなかった!」とか「参考にならねぇ!」とかの文句は一切受け付けませんのでご注意ください。ホントにゴメン♡

暗めのイラストを描いてみよう!

今回は少し上級なイラストを描いてみたい・・・そんな欲があり、暗い色を多く使ったイラストを描くことにしました。

ゴスロリちゃんのイラスト

X(旧Twitter)にも投稿した、ゴスロリちゃんのイラスト。メインカラーは血色なしの薄い肌色、黒、ダークトーンのパープル、ダークレッド、ビリジアン(深緑)を使いました。メインを暗めの色にすると雰囲気も暗いイメージに出来上がります。では、ここから私流ですが・・・ゴスロリちゃんができるまで紹介します!

アタリ・ラフを描く

こんな風なイラストを描きたい・・・というイメージをざっくりと描きます。自分が使いやすいペンで描きます。私はいつもペン(ソフト)を使って描いています。今回私は「夜を彷徨うゴスロリちゃん」を描きます。

ここで一つ!私がいつも使っている「投げ輪ツール」から「パース変形」で形を整える作業をします。これをつかうと、少しでもバランスの整ったイラストが出来上がります。

投げ縄で手を囲む
パース変形で形を整えてみる

線画を描く

線画を描きますが、その前に線がガタガタにならないように、「事後補正」をオンにします。

指のマークが目印

線画はペン(ソフトでもハードでも可。1.5〜1.0が使いやすい。)で描きます。このとき、服のシワや髪の毛の毛束は描きません。また、必要に応じて加筆するのも良いでしょう。

色塗り

色を塗っていきます。塗り残しが無いように「塗りつぶしツール」からすき間確認をオンにしますが、どうしても塗り残しがでてしまう場合は、ペンで細かい部分を塗っていきます。また、このときに服の模様も描いていきます。

この作業結構重労働で大変でした(笑)

背景を置く

イラストのイメージがつきやすいように背景を置きます。今回私は、アイビスペイントの素材を置きました。

影入れ

レイヤーを「乗算」にしてクリッピングします。乗算レイヤーで濃い紫色で影を付けます。今回暗い色なので濃い紫色ですが、明るめの色にしたい場合は、薄い紫色で塗ります。

ペンはエアブラシを使う人が多いかもしれませんが、私はいつもペン(ソフト)を使っています。

このときに服のシワや毛束も描きます。

ハイライト入れ

髪の毛と目にハイライトを入れます。まず、レイヤーを「スクリーン」にしてハイライトを入れたい部分に描き込みます。

描き込んだら「加算・発光」レイヤーを追加してエアブラシでハイライトを入れた部分をぼかします。

目も同じように入れますが、線画の上にハイライトを入れると綺麗に仕上がります。

全結合と複製

背景のレイヤーを一旦消して人物のレイヤーを全結合します。全結合させたら、レイヤーを複製します。大体2枚か3枚くらい。今回私は2枚に複製しました。

レイヤーを「焼き込みリニア」にして度合いを35%にしました。ここのレイヤーは乗算と焼き込みリニアとか乗算とスクリーンとか自分の合うブレンドモードで構いません。度合いも自分に合った度数に設定します。

ちなみにこのアイドルのイラストは乗算+焼き込みリニアレイヤーを使用↓
明るさは、加算。発光レイヤーのみで表現した。

アニメ調背景

背景を戻し、焼き込みリニアのレイヤーを「フィルター」から「アニメ調背景」にしてアニメっぽくしてみます。自分に合う明るさに調整します。

好きなように編集

加算・発光レイヤーでハイライトを入れたり、焼き込みリニアレイヤーや乗算レイヤーで影を入れたりして自分好みに編集します。

自分の納得のいく仕上がりになったら完成です!

イラスト描くのは楽しいぜ

こんな自己流でめっちゃ参考にならないと思いますが・・・(笑)イラスト描くのは楽しいし何しろ今の趣味の一貫なんですよね。

さあ、そんな私ですが、とある重大発表があります。それはまたの機会にしましょうかね・・・でもX(旧Twitter)では少しネタバレってるカモ・・・?

謎に包まれたイラスト これは一体何・・・?

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

こちらもチェックしてみてください!