【レビュー】Type-C充電になった新しいダイソーの完全ワイヤレスイヤホン(1100円)を試す!

みずにゃん

どうも、みずにゃんです。

ダイソーの人気商品・1100円完全ワイヤレスイヤホンが新しくなりました。充電がType-Cとなり、バッテリー性能も大きく改善しています。早速試してみました。

ダイソー”純正”のTWS新モデルが来た!

去年リリースのダイソー「完全ワイヤレスイヤホン」

去年春。ダイソーがオリジナル商品として税込1,100円でリリースした「完全ワイヤレスイヤホン」はそのコスパの良さから一時は品薄になるほどの好評ぶりで迎えられ、1年たった今でも”格安フルワイヤレスイヤホンの代表格”として定番商品となっています。

ダイソーではダイソーオリジナル製品でない完全ワイヤレスイヤホンも取り扱っていて、株式会社ラティーノ(エコラ事業部)から1,100円のが2モデル、MAKER株式会社から1650円のモデルがダイソーオリジナルの完全ワイヤレスイヤホンの発売後、販売されるようになりました。

そういう事情から、ダイソーオリジナルでは今後新しいモデルが出ないのかと思いきや、突如登場してきたのが、今回の新しい完全ワイヤレスイヤホン(タッチセンサーボタン、タイプC充電対応)です。
お値段は先代と変わらず税込1,100円で、手に入りやすい価格です。

今回の新モデルの特徴は、以下の通り。

  • 充電方式がUSB Type-Cに変更
  • タッチセンサーボタンを搭載。ボイスアシスタントにも対応
  • アナウンスが日本語になり、使いやすさが進化
  • バッテリーのスタミナが改善。最大約12時間の再生が可能
主要スペック

先代(2021年モデル)との比較

新型(2022モデル・Type-C)先代(2021年モデル)
通信方式Bluetooth 5.0Bluetooth 5.0
対応プロファイルA2DP、AVRCP、HFP、HSPA2DP、AVRCP、HFP、HSP
対応コーデックSBCSBC
伝送帯域20Hz~20000Hz20Hz~20000Hz
電池持続時間3時間4時間
充電ケース使用時の
スタミナ
最大約12時間
(イヤホン3時間+ケース9時間)
最大約10時間
(イヤホン4時間+ケース6時間)
連続待受約90時間約70時間
充電ケース
バッテリー容量
300mAh300mAh
イヤホン充電時間約1時間約1時間30分
ドライバー径φ8mmφ7mm
出力音圧レベル102±3db92±3db
再生周波数帯域20Hz~20000Hz20Hz~20000Hz
インピーダンス16Ω32Ω
ケース充電端子USB Type-CマイクロUSB(Bタイプ)
付属品取扱説明書充電ケーブル
取扱説明書

先代と比較すると、スタミナ面でのスペック改善が目立ちます。イヤホン本体のスタミナはやや落ちたものの、ケースのスタミナが大きく改善し、ケースと本体を合わせたスタミナは先代よりも長くなっているので、充電頻度をより少なくできます。

また、イヤホンの再生能力も改良されていることがわかります。

大きくはなったが、質感が向上

ということで、実際に買って試してみます。パッケージは先代と大きく変わらずグレー基調のデザインです。

充電ケースのサイズはやや大柄になりました。とは言っても、1650円のやつとか、この間のラティーノ製に比べればそこまでの大きさは感じません。表面処理が施されるようになり、質感が改善しています。ケース前面にバッテリー残量を示すLEDインジケーターが付いているのも嬉しいです。

内容物。本体とケースは充電された状態で店に並んでいる
LEDインジケーターでケースのバッテリーの状態がすぐわかる
輸入会社は株式会社TFN →ここか?

充電端子がType-Cになったのが個人的にはかなり大きいと感じています。なお、先代では充電ケーブルが付属していましたが、新モデルでは省略されているので、別に用意しましょう。また、Qi規格の無線充電には非対応です。

Type-C充電端子を搭載

イヤホン本体のボタンは物理ボタン式からタッチセンサー式に変わりました。パッケージにも記載があるように、左右で違う動作をするので慣れるまでは操作ミスがあるかもしれません(笑)
タッチ感度はほどほどの感じで、誤反応も起きにくかったです。新モデルもSiriやGoogleアシスタント等のボイスアシスタントに対応しています。

タッチセンサーの操作はこんな感じ

イヤーピースの大きさは変更されていません。最近ダイソーで販売してるイヤホンはミニサイズが多かったので、標準サイズ(Mサイズ)のイヤーピースで据え置かれたのは耳穴の大きい男性にとってはありがたい話ですよね。先日のラティーノ製でがっかりしたばかりだっただけに、嬉しい誤算。

フィット感も上々のイヤホン本体

やっぱり低域推し・・・?

さて、今回もV60 ThinQ 5Gに接続し、Apple Musicのストリーミング音源で試聴しています。

先代はかなり低域が強めでしたが、今回も低域の推しが強烈で、パンチ力のある仕上がりになっています。
とはいえ、先代では埋もれがちだった高域に関しては若干伸びが改善していて、透明感は薄いものの表現力には富んでいます。中域は残念ながら今回も埋もれ気味です。

コーデックがSBCということもありノイズも多く、クリアな音かというとそうではない気がします。やはり、音場の拡がり方には乏しい印象ですが、ノリの良い音なので、ロックやレゲエなどエネルギッシュさがほしいジャンルで聞くと楽しいです。

あと今回はじめて気づいたのですが、Apple MusicよりもYouTube Musicのほうが低ノイズでクリアのようです・・・。YouTube MusicだとApple Music以上に音楽に集中できる感じがしました。

⬆公開時期が時期なので、シーズンにぴったりなのを試聴用として置いときます。

ダイソーらしく、完成度が高い!

今回の新しい完全ワイヤレスイヤホンも、ダイソー製品らしくコストパフォマンスに優れた一品になっています。ダイソーでも取り扱いのある他社製品と比べて完成度が高く、選べるならダイソーオリジナルを選びたいところです。

先代よりも改善したところが多く、使い勝手が良くなっているので、迷わず新モデルをチョイスするといいでしょう。音も2000円以下クラスのイヤホンの中では比較的ゆとりがあるので、常用のイヤホンとしても文句なしではないでしょうか。

お近くのダイソーで見かけたら、ぜひ試してみてください!

みずにゃん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

うらにゃん

こちらもチェックしてみてください!

こちらもどうぞ
みずにゃん

スポンサードリンク