【レビュー】スリコの「ワンハンドシャッター」はスマホ撮影は楽しくなるのか!?

みずにゃん

どうも、みずにゃんです。
久々にスリコを訪問。スマホ撮影に便利な「ワンハンドシャッター」が気になって試してみることにしました!

3COINSの1100円「ワンハンドシャッター」

先日、久々に3COINS(スリコ)を訪問しました。久々とだけあっていろいろと試してみたい商品は数知れずあるのですが、その中でも面白そうだな、と思ったのが1,100円(税込)で販売中の「ワンハンドシャッター」です。

この「ワンハンドシャッター」は、「Bluetoothリモートシャッター」「カメラグリップ」「スマホホルダー」の機能を一体化させたものです。スマホに取り付けて、無線接続でシャッターが切れるというものですが、一眼カメラにあるようなグリップが付いていて、握りやすいように設計されているのです。

あまり試している人もいないっぽかったし、このカメラグリップがあるというのが地味に気になって今回購入してみました。

本体はブラックで、シャッターボタンを備えたシャッターリモコン部(リモートシャッター)、スマートフォンホルダー部、グリップの構成です。シャッターリモコンは取り外すことが可能で、ここにコイン電池を組み込むことになるので、シャッターリモコンはホルダー部(グリップ)が無くても単体で接続と使用ができます。

大きいグリップなので単4電池でも使用するのかと思いきや、CR2016コイン電池を1個使用するだけで動作します(テスト用電池は付属)

スマホホルダーとグリップは一体成型となっています。グリップは革が巻かれているようなデザインをしていますが実際は革やゴムは巻かれてなく、実際に触ってみると安っぽさが出てしまっています。底面には三脚穴も備わっているので、三脚にスマホを固定させた状態でシャッターリモコンだけ取り外してリモート撮影するのも容易です。

底面に三脚穴がある

対応機種の幅はあまり広くないかも

このスマホホルダーなのですがあまり大きくはありません。内寸約6.25cm〜約8.3cmの幅のスマホしか入りません。大画面のハイエンドスマホでは取り付けに制約があったり、そもそも取り付かないものもあります。

試しにAQUOS R7を装着させようと思ったら、ケース付きの状態では装着できませんでした。ケースを外すと単体ではまりましたがそれでもギリギリの状態で、慎重に取り外ししないとホルダー部が壊れそうな感じもしました。

窮屈だがなんとか取り付いた

iPhone SEのような、比較的小型のスマホで使うのが良さげな気がしてきました。”カメラスマホ”ことAQUOS R7で使いたい人もいただろうから、もうちょっとホルダー大きくしてほしかった感はあります。

操作性は一眼カメラとは全く違う

使い方は簡単でシンプル。
まず、シャッターボタンを長押しすることで電源のオンオフができ、そのままペアリングモードに入れます。1回ペアリングしていれば、ペアリングを削除するまでは自動的に接続できるようになります。

撮影時はカメラアプリでフォーカス(焦点)を合わせてシャッターボタンを押すことで撮影ができます。このシャッターリモコンだけでは一眼カメラのような半押しでのオートフォーカスが動かせないので、フォーカシングは今まで通りカメラアプリ側で行う必要があります。

シャッターボタンの押し心地は十数年前のエントリー一眼レフにあった、硬い感じのクリックです。コツコツという感じで、今ある一眼カメラのシャッターボタンのストロークとはだいぶ違ってくるので、違和感を感じる人もいるかもしれません。

あとホールド性ですが、グリップは比較的小さめに抑えられているので、男性の手だと若干ですが窮屈に感じられます。最近のベゼルの小さいスマホだと手のひらが画面に当たってしまう誤タップが何度かありました。iPhone SE系のような下端まで画面が拡がっていないようなモデルだと問題はないはずです。

シャッターボタンに半押しが無い点とか、やはり一眼カメラとは根本の操作性が変わってくることもあるので、一眼カメラを使っている人は操作性の違いに気をつけたいところです。

まとめ:旧型iPhoneに最適?

今回紹介したスリコのワンハンドシャッターに近いコンセプトの商品は古くからあったのですが、1,100円の安い価格で手に入るのはあまり無かったので、そういう意味では高性能化してきたスマホカメラでの撮影をより充実にできる嬉しいアイテムだと思います。

ただ、ホルダーの許容サイズが小さいため、大型センサーやトリプルカメラなどを謳うような大型の上位モデルで活かしきれないのは残念です。僕も”カメラスマホ”AQUOS R7での撮影を充実にしたいと思っての購入だったので、ちょっとがっかりでした。ホルダーのサイズで大小2通りのバリエーションがあっても良かったのでは、と思いますね。

逆に言えば、ホルダーのサイズからして、ホームボタンのあるiPhone(7~8系やSEシリーズ)との親和性は良いのではないかと思います。旧モデルのiPhoneをお持ちの方も多いかと思いますが、7系以降のiPhoneは素のカメラの性能がもともと高いので、まだまだカメラを活用するシーンもあると思います。こういう時にスリコのワンハンドシャッターは威力を発揮できそう、そう思います。
近々、仕事でのカメラ撮影用にiPhoneを再導入する予定でいるので、iPhone用として活用してみたいと思っています。(おわり)

みずにゃん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

うらにゃん

こちらもチェックしてみてください!

こちらもどうぞ
みずにゃん

スポンサードリンク

ソフトバンクオンラインショッププ